超初心者向け|初めて犬を飼う時に必要なもの・こと9選

スポンサーリンク
ドッグフード

初めて犬を自宅に迎える時、どんな準備が必要か気になりますよね。特にこれまでに犬を飼ったことがない方であれば、その不安はなおさらでしょう。一方で子犬が安心して過ごせるためにも、様々な準備をして快適に過ごせる環境を作るのも、里親のしごとの一つです。今回は、初めて犬を迎える時に必要なもの・ことを紹介します。

スポンサーリンク

1.食器・水飲み用のお皿

食事の際にドッグフードを入れたり、お部屋の中でお水を入れておく少し深さのあるお皿があると良いでしょう。もちろん自宅にあるものでもいいですが、犬専用の容器はAmazonや楽天で購入可能なので調べてみると調べてみると良いでしょう。

できれば室内用と屋外用と2つ持っておくことをおすすめします。特に屋外用は、持ち運びやすいようにプラスチック素材などの軽いものを選ぶと良いでしょう。おすすめはル・クルーゼのペット食器です。室内で飼う場合はインテリアとしても雰囲気を損ねないので、良いでしょう。




2.ドッグフード(子犬用)

生後1ヵ月位までの間は、母乳や犬用の粉ミルクでの授乳が必要と言われています。ただ多くのご家庭では、ペットショップやブリーダーさんから生後3ヶ月以上経った状態でお迎えすることが多いでしょう。そういった場合は、ショップの方やブリーダーさんに普段どのような餌をあげているかを聞いた上で、基本的には同じドッグフードを上げることをおすすめします。

市販のドッグフード購入する場合は、「総合栄養食」「子犬・幼犬用」と書かれているものを選ぶと良いでしょう。オススメはロイヤルカナンです。犬種ごとに、また適齢期が明確になっていて、ご自宅のワンちゃんの犬種によって最適なものを選ぶことができます。我が家は「チワワ」を飼っていたので、生後10ヶ月までは以下の「ロイヤルカナン チワワ 子犬用」を提供していました。3kgはちょっと多いかもと思われるかもしれませんが、一度買うと3ヶ月ぐらいは持つので、買い替えの頻度が減るので楽だと思います。楽天市場やアマゾンで購入すると、荷物を搬入する手間も省けるので良いのではないでしょうか。


その他の犬種向けのロイヤルカナンは、以下に紹介しています。




3.トイレ、トイレシート

室内で飼う場合には、トイレの場所をあらかじめ決めてあげましょう。そのためにも、トイレタリーとトイレ用のしつけスプレーを準備することをおすすめします。トイレタリーは、室内の壁などにかけられないようにするのが目的ですが、トイレ用のしつけスプレーがあると、ワンチャンが自分がどこでトイレをするべきか学習しやすくなるので、特に幼少期に招き入れるご家庭にとっては必需品といえます。

一方で、トイレシートはスーパーや薬局などで購入するのをお勧めします。オンラインでも購入できますが、オフラインで購入する方が安く売っていることをよく見かけます。少しかさばるものなので、持ち運ぶのが面倒と言う人はオンラインで購入するのがいいかなと思います。




4.ゲージ

我々にも家が必要なように、ワンチャンにも自分の居場所が必要です。安心できる自分のお家を小さい頃からあげることをお勧めします。1つはゲージを提供してあげましょう。幼少期は、留守中にどんなことをするかが分かりませんが、ゲージの中で留守番をすると安心でしょう。楽天やamazonで購入しても簡単に設置ができるので安心です。掃除の時にがめんどくさいと思う方は、キャスター付きのゲージを買うことをおすすめします。



5.ワンちゃん用ベッド

ゲージと同様にワンちゃんの安らぎの空間を作ってあげましょう。在宅勤務が進むので、ゲージの必要性は減っているかもしれませんが、ワンちゃんのためにベッドは提供してあげてもいいのではないでしょうか。夏であればクールベッドが人気で冬はベッドの上に毛布やタオルケットをひいてあげれば、ワンちゃんも安心して休むことができるでしょう。



6.タオル、ブランケット

これは新たに買う必要はありませんが、タオル・ブランケットはいくつも用意しておくことをおすすめします。通常のフローリングの部屋ですと、冬場またクーラーの下ではワンちゃんが寒くなってしまうことがあります。タオルでワンクッションあるとそれだけで安心できますね。

7.首輪・リード

ワンちゃんの散歩には必需品の首輪とリードです。ティファニーやエルメスも出しているので、これらのブランドが好きな方は揃えてみることをお勧めします。またネーム入りの首輪を作ることもできる会社が多いので、ぜひ相手の名前を刻んだ首輪を作ってみてはいかがでしょうか。


8.散歩用のお水入れ

散歩の時に忘れてはいけないのは、お水とおやつです。お散歩先のワンちゃんは、知らない間に長い距離を歩きます。人間と同じで汗をかいたり、おしっこをしたりすると、体内から水分が出て行ってしまいます。犬も熱中症になる事はありますので、そうならないようにお水をいつでも与えられるようにしておきましょう。持ち運び用の水筒のような給水ボトルが1つあると便利でしょう。



9.おもちゃ

最後に紹介するのはおもちゃです。もちろんなくてもワンちゃんは生活できますが、私たち人間のようにテレビを見たりInstagramを見たりといった娯楽は無いので、ぜひワンチャンが遊べるようなものも提供してあげることをお勧めします。

これでいつでも愛犬を迎い入れできる

いかがでしたでしょうか。意外とワンちゃんを迎え入れるにはいろんな物を準備しなくてはいけません。今の時代はオンラインで準備できるものが多いので、少なくともワンちゃんがやってくる1週間前までには注文を完了させておく必要があるでしょう。時間に余裕を持って、事前に十分な準備をすることで、これから生活を共にするワンちゃんを迎え入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました